二代目梅ヶ谷が【豆まき】で「鬼は外」とは言わなかった理由

第20代横綱・二代目梅ヶ谷藤太郎(うめがたにとうたろう)は、節分の”豆まき”の際、決して「鬼は外」とは言わなかったそうです。その理由というのは、若い頃に指導を受けた元小結・鬼ヶ谷才治(おにがたにさいじ)を思ってのことだったのでしょう。

明治11年(1878年)3月11日、”富山の薬売り”の四男として押田音次郎(おしだおとじろう)は生まれました。後に横綱・二代目梅ヶ谷となり、”ヒキガエル”の愛称でも呼ばれた人物です。

明治24年(1891年)のこと、初代西ノ海(第16代横綱)や二代目劔山(最高位大関)らが富山巡業にやって来た時、劔山が体格の良い音次郎少年に目を付け、大相撲への勧誘を行って、雷(いかずち)部屋へと入門させたのです。音次郎はこの際、師匠の養子となり、小江音松(おえおとまつ)と改名しています。

雷親方(第15代横綱)の現役時代の四股名が「梅ヶ谷」だったことから、四股名を「梅ノ谷音松」として、さっそく入門の1月場所に初土俵を踏むこととなります。梅ノ谷への指導は、特に兄弟子の鬼ヶ谷才治(おにがたにさいじ)が熱心で、三段目になる頃には単独での土俵入りが許されるまでに成長していました。

また、錦絵が発売されたり、幕下以下であるのに横綱土俵入りの稽古をするなど、梅ノ谷の素質を見込んだ英才教育は、現在では考えられないものだったのです。かつて類を見ない稽古の成果もあって、梅ノ谷は明治31年(1898年)1月場所で新入幕を果たしました。

梅ノ谷の体型は所謂「あんこ型」という、誰もが”相撲取り”をイメージする昔ながらの肉付きが良く丸いものでした。その取り口は、出っ張った腹を巧みに利用した理詰めのものでしたが、反面横方向からの攻めには弱く、自分の弱点克服に努力していたといいます。

近年の「あんこ型」力士としては、引退した中では北の湖(きたのうみ)・6代目小錦(こにしき)・水戸泉(みといずみ)・隆の里(たかのさと)・大乃国(おおのくに)など、現役では臥牙丸(ががまる)・逸ノ城(いちのじょう)・千代丸(ちよまる)などが有名です。

梅ノ谷は新入幕の場所で、初代小錦八十吉(第17代横綱)に勝利し、同じ年の5月場所でも再び小錦を負かしてしまいます。そんな「小錦キラー」は、翌年1月には小結、5月には関脇と昇進、一旦は勝ち越ししたにも関わらず小結に陥落するものの、明治33年(1900年)1月には一気に大関へと昇進を果たしました。

大関昇進が決定した梅ノ谷は、師匠の現役時代の四股名「梅ヶ谷藤太郎」の継承を願い出ます。しかし、それは時期尚早と考えた師匠は、”いま(梅ヶ谷)を襲名したら横綱になった時に何を名乗る”のかとその時は認めませんでした。

梅ノ谷は、明治35年(1902年)1月になって、ようやく二代目「梅ヶ谷藤太郎」を襲名します。その横綱名に負けず立派な成績を上げていき、翌年5月の常陸山との全勝対決を認められ、6月になってついに横綱免許を授与されることとなったのです。

ここまでに成長できたのは、何と言っても兄弟子・鬼ヶ谷から付けてもらった稽古のおかげでしょう。その思いもあってか、梅ヶ谷は節分の豆まきの時には、「福は内」だけを言って、決して「鬼は外」とは言わなかったのです。

当時としては、24才6ヶ月での横綱昇進は、最年少記録となりました。横綱土俵入りには、「攻防兼備の型」とされる、せり上がるときに左手を胸の近くに当てて右手を伸ばす「雲龍型」を選択し、現在まで続く雲龍型土俵入りの開祖でもあります。

横綱の力量・品格が抜群の【史上最強の力士】谷風は兄弟力士

大相撲史上最強の力士と言われているのは、二代目谷風梶之助で、昨今でも話題となる”兄弟力士”でもあったのです。谷風は第4代横綱となり、その力量と品格は抜群で、力士名である四股名(しこな)の”谷風”は「止め名」(野球で言う永久欠番)とされました。

寛延3年8月8日(1750年9月8日)、仙台藩(現在の宮城県・他数県の一部)に生まれた金子与四郎は、明和5年(1768年)に伊勢ヶ浜部屋に入門し”秀の山”という四股名を名乗りました。翌年4月場所では伊達関森右エ門(だてがせきもりえもん・後に達ヶ関)と改名し、看板大関として初土俵を踏みます。

明和7年(1770年)11月場所では一旦番付を下げ、前頭筆頭からのやり直しでしたが、安永5年(1776年)10月場所にあたって、同郷の大関だった力士の四股名を名乗り、二代目谷風梶之助となったのです。ちなみに、初代谷風は讃岐高松藩(現在の香川県)に仕えたことから、「讃岐の谷風」として区別されます。

与四郎に遅れること6年、腹違いの与八が誕生します。この弟は伊勢ノ海部屋に入門し、初土俵は三段目からスタートし、四股名は兄と同じ達ヶ関森右エ門となっていることから、兄が二代目谷風に改名した頃(1776年)の入門と考えられます。

天明元年(1781年)3月場所後、四股名に値する大関へと昇進した谷風は、天明4年には江戸相撲の浦風与八が見出した雷電爲右エ門(大相撲史上未曾有の最強力士)を弟子として、後身の育成にも力を入れ始めます。

安永7年(1778年)3月場所初日に勝利した谷風は、天明2年(1782年)2月場所中日に小野川喜三郎(後の第5代横綱)に敗れるまで、63連勝という偉業を達成するのでした。実際には、引分や休場も間に挟んではいますが、これは江戸本場所だけの成績で、京都・大阪の勝ち星を加えるとなんと98連勝にもなるのです。

谷風の強さはその生涯成績に表れていて、258勝14敗16分16預5無112休という勝敗分中の勝率がほぼ9割に近いものでした。ちなみに、最高位前頭筆頭だった弟達ヶ関の生涯成績は62勝58敗32分16預10無45休で、勝敗分中の勝率は4割ちょっとという至って普通のものでした。

それにしても兄弟幕内力士というのは、谷風・達ヶ関で大相撲史上二組目のめずらしいことで、これ以降は昭和の若貴兄弟(若乃花幹士・貴ノ花利彰)まで現われることはありませんでした。ちなみに、貴ノ花の息子たちが平成の若貴兄弟(若乃花勝・貴乃花光司)となって一大ブームを巻き起こしています。

さて、谷風は寛政元年10月3日(1789年11月19日)になって、ついに横綱の免許を小野川と共に授与されます。横綱としては4代目とはされていますが、3代目までの横綱は記録がはっきりしていないことから、実質的には谷川が初代横綱とも言えるのです。

谷川はその戦績から四股名を「止め名」とされるほどの力量を持っているばかりでなく、色白・切れ長の目・柔和な容貌と見た目も良く、人格者として横綱の品格は世間に知れ渡っていたといいます。

その横綱の品格を伝える作り話として、「佐野山」という落語があります。これは、病気の母を抱える十両の佐野山のために、本来ではありえない懸賞付きの取組を行ない、今では八百長とされるようなわざと負けてやることしたり、病気で伏している佐野山の母の枕元で、病魔退散の四股を踏んだというものです。

寛政7年1月9日(1795年2月27日)、江戸全域で大流行していたインフルエンザは、35連勝中だった谷風にも襲いかかり、さしもの大相撲史上最強の力士を死に至らしめたのでした。

大坂相撲の熊川は後の【新選組】志士と乱闘の上死亡した!

大坂相撲の熊川熊次郎は、後に新選組となる壬生浪士組(みぶろうしぐみ)の志士たちと乱闘事件を起こし、死亡しました。この年は将軍・徳川家茂が229年ぶりの上洛、朔平門外(さくへいもんがい)の変、下関事件勃発など、歴史的出来事が続いていたのです。

朔平門外の変は文久3年5月20日(1863年7月5日)に発生し、尊皇攘夷(そんのうじょうい)を唱える過激派公家の姉小路公知(あねがこうじきんとも)が、薩摩藩士田中新兵衛によって暗殺されたものです。

下関事件とは、長州藩による攘夷行動に一つで、文久3年5月11日未明のアメリカ商船ペンブローク号への砲撃に始まります。23日にはフランス通報艦キャンシャン号、26日にオランダ東洋艦隊所属メデューサ号と砲撃を行なったのでした。

この事件からわずか数日後、志士と力士らの死傷事件が起こるのです。肥後国(現在の熊本県)で生まれた熊川は、大坂相撲の小野川部屋の所属しており、事件の時の地位は、中頭(大坂相撲の関取)か前頭7枚目であったようです。

文久3年6月3日(1863年7月18日)のこと、熊川ら大坂相撲の力士たちは、北新地において酒を飲んでいました。一方、京都の壬生浪士組の初代筆頭局長・芹沢鴨(せりざわかも)らは、大坂で遊ぼうと淀川を下って北新地へとやって来ます。

この二組が北新地の往来で出くわすこととなり、道を譲る譲らないで争いになります。あまり定かなことではないのですが、争いの中で芹沢が力士を鉄扇で打擲するか、刀で浅傷を負わす(斬殺したとも)という行動に出てしまうのです。

この芹沢の行動が引き金となって、道を譲る譲らないの争いは大乱闘へと発展、いくら力自慢の力士たちとはいえ刀を差した志士たちとは素手で戦い続けることはできないのか、その場は一旦は治まったようです。

志士たちは芹沢の他、山南(やまなみ)敬助・沖田総司・平山五郎・野口健司・永倉新八・島田魁・斎藤一ら全8人(これに井上源三郎・原田左之助を加えて10人もいたとも)、乱闘後に住吉楼(吉田屋とも)で遊び始めます。

一旦は拳を引っ込めた熊川でしたが、どうにも腹の虫が治まらなかったのでしょう。小野川部屋の力士たちを引き連れ、手には角材を携えて、大挙住吉楼へと乗り込んでいったのです。

襲いかかる熊川の角材を沖田が受け止めた隙に、芹沢が熊川の脇腹に突きを見舞います。また、熊川の傷は沖田と永倉によって斬られたものだとも言われますが、いずれにしても翌日、熊川は出血多量で亡くなったのでした。

この事件での死者は5人とも言われ、死んだとされる熊川がその後行われた本場所の番付に載っているなど、この事件の詳細と熊川の経歴には不明な部分が多いのですが、かなり大変な騒ぎであったことは想像に難くありません。

事件の手打ちとして、京都での相撲興行の際は、壬生浪士組と親しい京都相撲と大坂相撲が共同で行なったのでした。

なおこの時の志士側のリーダー芹沢は、何の因果か約3ヶ月後の文久3年9月16日(1863年10月28日)に、対立する派閥の土方(ひじかた)歳三らに奇襲を受け、討死・粛清されています。そして、芹沢一派である平山も同時に粛清され、野口は同年12月27日に切腹させられています。

今も昔も、酒を飲んでの暴力沙汰には、最終的にうれしくない結末が訪れるのです。

【巡業】途中でお腹の空いた初代小錦は地蔵堂のお金を拝借した!

初代小錦八十吉(こにしきやそきち)は、地方巡業へ向かう途中でお腹が空いたものの無一文で、地蔵堂の前にあったお金を出世払いで拝借したという面白い力士です。色白で童顔の彼は、錦絵や織物などの今でいうグッズが飛ぶように売れた人気者でした。

慶応2年10月15日(1866年11月21日)、上総国(現在の千葉県)の料理屋「岩城屋」の主人に子供が生まれました。その子の名は岩井八十吉で、父親は土地相撲で「岩城川」という四股名で大関まで務めた人でした。

息子の八十吉をどうしても力士にしたいものだと考えていた元大関岩城川は、明治14年(1881年)のある日、佐倉(千葉県北部)に巡業に来ていた土地相撲の仲間の高見山宗五郎(たかみやまそうごろう・当時の四股名は響矢)に頼み込んで、高砂部屋へと入門させます。

ところが大相撲の部屋での稽古は過酷なもので、八十吉はその厳しさに耐えられずに故郷に逃げ帰ってしまいます。しかし、逃げ帰った自分を叱咤激励する父の姿に、八十吉は再び大相撲へ挑戦する決意をするのでした。

明治16年(1883年)5月場所で四股名「小錦」として初土俵を踏んだ八十吉ですが、その夏、東京の部屋から栃木県まで、巡業のために歩いて向かうことになりました。彼の体格は168センチ・143キロ・BMI50.47と言われており、歩くには股擦れが酷くて、痛みのために同部屋力士たちからどんどん遅れていきます。

そして、お腹が空いてきたものの、出がけの早朝に小遣い銭を餅を買うのに使ってしまったため、全くの無一文です。更に仲間にも置いて行かれて、お金を借りることもできないのです。

途方に暮れた小錦は、やがて地蔵堂の前にお金が供えられているのを見つけます。空腹で我慢しきれない小錦は、地蔵堂に手を合わせて、昇進して倍返しすると出世払いを約束して、お賽銭を拝借したのでした。

地蔵堂のお金を握りしめた小錦は、そのお金で近くにあった駄菓子屋で煎餅を買って食べ、まだ足りなかったのか桶の水をがぶ飲みするという有様です。それでもまだ空腹は続いたのか、勝手に畑に入ってトウモロコシを食べて、今度は小川の水を飲んだり、途中の茶店の老人から麦飯を御馳走にもなったのでした。

明治19年(1888年)5月場所に小錦は新入幕を果たし、そこから4年間で39連勝と7回の優勝相当成績を上げるという強さを発揮しました。年齢的には21~24才という、正に脂の乗り切った時期のことでした。

入門から数年、大相撲力士として大いに昇進した小錦は、かつての地蔵堂からお賽銭を借用した地方への巡業へと再び向かうこととなりました。この時の移動手段は人力車でしたが、小錦はかつての恩義を忘れることなく、あの地蔵堂へと立ち寄り、倍返し以上の出世払いをするのです。

そして明治27年(1896年)5月場所後に、小錦は晴れて横綱免許を授与され、第17代横綱となりました。素早い立会いと突き押しに俊敏な動きが得意な小錦は、小心者でもあることから、初日の敗戦が多くありました。

他の力士からは”小錦と当るなら初日”とも言われる反面、相撲振りと風貌から”荒れ狂う白象の如し”とも呼ばれ、多くのグッズが販売される人気者だったのです。幕内での成績は119勝24敗9分7預101休で、勝敗分中の勝率は7割8分3厘でした。

明治32年(1901年)1月場所をもって引退し、二十山部屋を創立した小錦は、大正3年(1914年)7月に亡くなった高砂親方の後を継ぐ予定でしたが、惜しくもその10月22日に自身も無くなり、高砂親方にはなれなかったのです。

1 3 4 5