【番付初の横綱】初代西ノ海は取組直前でも平気で寝ていた!

初代西ノ海嘉治郎(にしのうみかじろう)は、取組直前であっても平気で寝ていたという、並外れた”大物”でした。そのためかどうか、新大関が2人誕生した場所で3番目の地位に甘んじることを嫌った彼を、初めて番付上で横綱としたのです。

安政2年1月3日(1855年2月19日)、薩摩国高城郡(現在の鹿児島県薩摩川内市)の農家に小園(おぞの)嘉次郎は生まれました。彼は子供時代に土地相撲で活躍し、やがて京都相撲の鯨波部屋に入門し、小結まで昇進をします。

明治14年(1881年)、角界の改革を目指して東京相撲会所を脱退して組織されていた高砂改正組の巡業に参加した嘉次郎は、東京の高砂部屋に入門することとなり、翌年1月場所への初土俵を踏みます。この時の地位は幕内付出で、四股名は「西の海」となりました。

明治15年(1882年)6月場所になって、西の海は「西ノ海嘉次郎」と四股名を改称し、18年1月には大関へと昇進するのです。その後、負け越してはいないにも関わらず、興行上の都合によって小結へと番付を落とすことになります。

いくら小結に陥落したからとは言っても、やはり力士としての西ノ海の実力は顕著で、明治23年(1890年)1月には再び大関に復活、場所後には横綱の免許も授与されることとなったのでした。

そしてその年の5月場所のこと、新たに初代小錦八十吉と大鳴門灘右衛門が大関に昇進することとなり、前場所の成績から東西の正大関の座を占めることとなります。そのため、西ノ海は余儀なく3番目の地位として張出大関とされてしまったのです。

横綱免許を持つ西ノ海にとって、新米大関の下位に位置することは耐えられないことだったのでしょう。この番付に不満を表明した西ノ海に対して、協会側は相撲史上初めて番付に”横綱”と記載することとし、横綱が名誉的な免許から番付上の地位として確立する道筋を付けました。

協会に対してはっきりと不満を表明する西ノ海は、かなりの強い精神力を持った”大物”だったようで、見た目も堅太りで筋骨隆々、性格は豪放磊落だったのです。その逸話として、強豪との取組直前であっても支度部屋で高いびきをかいて眠っていたというものがあります。

幕内での成績は127勝37敗25分4預97休で、勝敗分中の勝率は6割7分2厘とそこそこの強さでありましたが、同部屋の大達羽左エ門(おおだてうざえもん)・一ノ矢藤太郎(いちのやとうたろう)と合わせて「高砂三羽烏」と呼ばれ、一時代を築いたのでした。

明治29年(1896年)1月を持って西ノ海は引退し、現在まで続く井筒部屋の親方となります。そして、二代目西ノ海嘉治郎・駒ヶ嶽國力・大江山松太郎・逆鉾与治郎などの多くの名力士を育て上げたのです。

こうして、鹿児島出身の井筒親方の下には、同郷の多くの力士の卵が集まりました。そして第16代(番付初の)横綱であった親方は、明治41年(1908年)11月30日にその生涯を終えるのでした。

作戦的立会いで人気の無かった小野川は【史上最強のNo.2】

小野川喜三郎は、二代目谷風と同日に横綱免許を授与され、谷風の連勝をストップするなど非常に強く、現在では「大相撲史上最強のナンバー2」と評価されています。しかし、谷風・雷電といった強豪に対抗するため、作戦的立会いも多く、江戸の庶民にはあまり人気がなかったのです。

宝暦8年(1758年)、近江国京町(現在の滋賀県大津市)で生まれた川村喜三郎は、年寄・初代小野川(才助)の養子となり、安永5年(1776年)に大阪相撲で初土俵を踏みます。谷風に遅れること生れが8年、初土俵が7年でした。

安永8年(1779年)、江戸相撲に合流した小野川は久留米藩(現在の福岡県久留米市)のお抱え力士となり、天明4年(1784年)3月場所で新小結、同年11月場所で新関脇、寛政2年(1790年)3月場所で新大関と着々と昇進を重ねます。

この時代の大相撲最高位は大関で横綱という地位はありませんでしたが、寛政元年10月3日(1789年11月19日)になって、ついに横綱の免許を谷風と共に授与されます。この時の小野川と谷風の地位は最高位の大関ではなく、なんとまだ関脇だったといいます。

この11月場所での成績は、小野川が8勝1分1預、谷風が6勝1分3休とどちらも負け無しという強さで、どちらかというと小野川の方が強いくらいでしょうか。この後、二人同時に翌年3月場所で、最高位の大関に昇進したのでした。

生涯成績は、幕内23場所で144勝13敗4分10預3無40休と、勝敗分中の勝率8割9分4厘という限りなく谷風の成績に迫るものです。体格と筋力では谷川に劣る小野川としては、実に立派な成績と言えるでしょう。

身長176センチ・体重135キロの小野川は、身長189センチ・体重169キロの谷川と、身長197センチ・体重170キロの雷電ら巨漢に対抗するため、慎重な取り口と技巧を駆使して闘ったのです。その立会いの多くは極めて作戦的で、江戸の庶民の受けは芳しくなく、あまり人気を得ることはできませんでした。

寛政3年6月11日(1791年7月11日)、江戸幕府第11代征夷大将軍・徳川家斉が上覧相撲を行なって、谷風・小野川の熱戦を楽しむなど、寛政時代は大相撲の大繁栄期となりました。こうして、大相撲史上最強のナンバー2・小野川は、大相撲人気を大いに沸かせ、寛政9年(1797年)10月場所をもって引退をします。

文化3年3月12日(1806年4月30日)、谷風に遅れること11年で小野川が無くなり、横綱経験者がまったくいない状況となります。この横綱(経験者)不在の状態は、文政11年(1828年)に阿武松緑之助(おうのまつみどりのすけ)が第6代横綱になるまで22年、横綱自体は30年近くも続いたのでした。

ちなみに、江戸時代から昭和初期にかけての最強力士10人(横綱9・大関1)を、「古今十傑(ここんじっけつ)」と呼びます。その10人とは、二代目谷川・小野川・雷電に加え、稲妻雷五郎・陣幕久五郎・初代梅ヶ谷藤太郎・常陸山谷右エ門・太刀山峯右エ門・栃木山守也・双葉山定次の力士たちです。

不器用で【分け綱】と呼ばれた史上空前の引き分け横綱・大砲

第18代横綱・大砲万右エ門(おおづつまんえもん)は、絵に描いたような不器用で自分で動き回っては失敗し、史上空前の引き分けの多さから「分け綱」と呼ばれたのです。

明治2年11月28日(1869年12月30日)、大砲は角田県刈田郡(現在の宮城県白石市)に角張萬次(かくばりまんじ)として誕生しました。時代は明治維新が始まったとされる慶応3年(1867年)のすぐ後で、以降は廃藩置県・学制改革・地租改正・徴兵令発布・西南戦争など、世の中はザワついていたのです。

幼い頃の萬次は大柄で力が強く、13才の時には四斗俵を左右に軽々下げて歩いていたと言います。彼の噂はすぐに広まり、伊勢ノ海部屋にいた元力士の夫人が聞きつけて、尾車部屋への入門を橋渡ししたのでした。

明治17年(1884年)5月場所で、萬次は四股名「三沢滝」で初土俵、4年後に「大砲」に改名します。そして明治25年(1892年)に新入幕を果たすものの、成績は3勝6敗とその地位での実力を思い知らされました。

ところが運というものは面白いもので、他の力士の成績との兼ね合いもあってか、負け越しにも関わらず次の場所には小結へと昇進してしまうのです。その7年後には大関まで昇進を果たし、その地位で無敗を続け、明治34年(1901年)5月ついに横綱免許を得たのでした。

大砲の体格は197センチ・134キロという、昭和61年(1986年)に北尾光司(第60代横綱双羽黒)が現われるまで破られることの無かったほどの、史上最長身の大柄でした。取り口は強い突っ張り、それができなければ右四つで左手を取るという万全の体勢で負け知らずでした。

しかし大砲には、史上最長身の巨体が災いしてその動きは鈍く、下手に動くと取り口に失敗して負けてしまうという不器用さがありました。”横綱は負けてはいけない”という年寄・雷(いかづち・第15代横綱梅ヶ谷)の言葉を受けて、大砲は”勝たないといけない”とは考えず、不器用にも引き分けるという方法を選んだようです。

大砲の幕内での成績は98勝29敗51分4預138休で、勝敗分中の勝率は5割5分1厘と、横綱にしてはとても低いレベルです。それよりも引分の割合が2割8分7厘、横綱時代では4割ほどにもなる断トツの高さを誇り、付いたあだ名が「分け綱」というどうにも不名誉なものでした。

引分に関する大砲の成績には、明治40年(1907年)5月場所の”9戦全分”という、「分け綱」というあだ名にも頷ける非常に珍しい記録を残しています。実は、”横綱は負けてはいけない”と言った年寄・雷自身も、(1880年)1月場所で”4分6休”という横綱らしからぬ記録を残していました。

また、休場の日数も138日と異様に多いのが目立ちますが、これは陸軍の砲兵に志願して入隊するため、明治36年(1903年)の5月場所から3場所続けて全休し、除隊後も持病のリウマチが悪化したことなどが原因のようです。

結局、明治41年(1908年)1月場所もって大砲は引退し、待乳山部屋の経営にあたります。そして、大正7年(1918年)5月27日、背中の腫物を手術した後に糖尿病となり亡くくなりました。

【大相撲常設館】は大酒豪力士によって建設された!

相撲史上初となる「大相撲常設館=両国国技館(初代)」は、第15代横綱で大酒豪力士でもある初代梅ヶ谷藤太郎(うめがたにとうたろう)によって建設されたと言っても過言ではありません。

弘化2年2月9日(1845年3月16日)、筑前国(現在の福岡県西部)上座郡志波村梅ヶ谷に、小江藤太郎(おえとうたろう)として梅ヶ谷は生まれました。大物には大物なりの逸話があるもので、この藤太郎も赤子の頃から石臼を引きずったり、母乳やお菓子よりもお酒を欲しがったと言われています。

そんな大物ゆえに、早くも7才にして大坂相撲に引き取られることとなり、梅ヶ枝を四股名とするのです。そして、湊部屋へと入門することとなり、四股名を故郷の地名に因んで、梅ヶ谷としました。

明治2年(1869年)3月場所で小結として新入幕を果たした梅ヶ谷は、大坂で大関に昇進した後、翌年には東京相撲へと進出して行きます。東京では玉垣部屋に所属しましたが、東京相撲の大坂力士への対応は冷たく、初めはなんと番付外の本中(現在の前相撲)デビューだったのでした。

大坂で最高位の大関であった梅ヶ谷のことですから、下位での取組は敵知らずで連戦連勝し、明治7年(1874年)12月場所で新入幕を果たします。西前頭6枚目でのその星勘定は8勝1敗1休と、優勝相当の好成績となりました。

明治9年(1876年)10月24日、福岡県の興行に参加していた梅ヶ谷は、旧秋月藩士族が明治政府に対して起こした反乱「秋月の乱」に遭遇します。この時梅ヶ谷は、まったく動じることなく、乱の平定に活躍したのでした。

明治10年(1877年)6場所には小結、12月場所で関脇として全勝という成績を残した梅ヶ谷は、翌年1月場所では大関となります。そして、明治11年(1880年)5月場所でも全勝とし、この時期(明治9~12年)に58連勝という記録を残しました。

明治17年(1884年)2月、ついに横綱免許の授与となり、3月には明治天皇の天覧相撲が行われ、梅ヶ谷は後に初代総理大臣となる伊藤博文が用意してくれたまわしを付けて土俵入りをしたのです。この時、明治天皇の所望で行なった取組は、大熱戦の末に引分となり、天皇を大いに喜ばせ、相撲人気も再び上がったのです。

梅ヶ谷はこの翌年の5月場所を持って引退することとなり、年寄・雷(いかづち)となります。彼の東京相撲での幕内成績は116勝6敗18分2預78休と、勝敗分中の勝率8割2分9厘という、充分に横綱に相応しいものでした。

単に強いだけの力士ではなかった梅ヶ谷は、人望も非常に厚い人物で、人並みはずれた信用があったという逸話が残っているのです。

明治37年(1904年)にそれまでその都度場所を確保して行なわれていた大相撲興行のために、常設館を建設しようという計画が持ち上がったのです。しかし、常設館の建設には多大な費用がかかります。

この時、東京相撲を主催する「東京大角力協会」の要職にあった梅ヶ谷(雷)は、大相撲常設館の建設費用として、自分の信用だけを担保に当時の40万円(現在では百万円相当)という大金を借りる事に成功したのです。貸付主は、安田銀行本所支店長の飯島保篤でした。

こうして、明治39年(1906年)6月着工、42年5月竣工、6月2日に初の大相撲常設館「両国国技館」の開館式が行われたのです。この初代国技館は本所回向院の境内にあり、建設費用の貸付主の銀行支店との関わりも窺われます。

昭和3年(1928年)6月15日、一斗酒の酒豪とも言われ、「大雷」の尊称を贈られ、大相撲常設館を建設したにも等しい大力士は、横綱の長寿記録を残して亡くなりました。

1 2 3 4 5