4大関が主導した大阪相撲の退職金紛争【龍神事件】の顚末

大阪相撲でも「龍神事件」という、退職金を巡った紛争が巻き起こります。4大関(上州・大木戸・平錦・大嶋)が主導した騒動の顚末は、東西合わせて35人いた幕内力士が、東西無しの16名に激減してしまうというものでした。

大正12年(1923年)、大阪では東京の「東京相撲協会」に対抗して「大阪相撲協会」があり、1横綱4大関を擁して興行を行っていました。しかし、実力的には東京相撲に劣り、東京相撲との合同興行では力士の戦力差は歴然としていました。

東京相撲との格差に苦慮して、出身地別対抗戦を行うなど興行内容に工夫をこらしてはみるものの、大阪相撲の低迷ぶりは明らかだったのです。そんな状況の中、力士の労働紛争だけは、東京相撲と同様に発生してしまったのです。

東京相撲の三河島事件勃発から4ヶ月、その妥結から2ヶ月ほど経った5月5日、大阪相撲の新番付が発表されました。その4日後の9日夜、横綱・宮城山福松(みやぎやまふくまつ、第29代)を除く、全関取による力士会の代表として力士10名が大阪相撲協会を訪問します。

力士代表者の先頭には、上州山一(じょうしゅうざんはじめ)・大木戸一男(おおきどかずお)・平錦芳次(ひらにしきよしじ)・大嶋佐太郎(おおしまさたろう)の新番付での4大関がいました。

対する協会側には、3代目高田川(元関脇・早瀬川一栄)と11代目岩元(元大関・響矢由太郎)の2年寄の取締がいます。力士会の要求は7項目に渡り、力士養老金(退職金)などについて交渉が開始されました。

協会側の態度は強硬で、力士たちの要求は通らず、彼らは力士のみならず行司まで含めて全員が、堺市大浜公園にある九万楼へと集合します。その後、公園近くにあった龍神遊郭内へと移動し、この擾乱が「龍神事件」と呼ばれるようになるのです。

そんな状況でも本場所は11日に初日を開け、協会としては幕下以下の力士だけで興行を続けたのです。この大阪相撲の労働争議中の相撲興行は、勧進元に13代朝日山・12代千田川のかつての人気力士だった年寄に努めさせたり、協会への同情もあって、意外な盛り上がりを見せます。

初日こそ6割ほどの客入りではあったものの、6日目からは大入りとなり、無事20日の千秋楽を迎えることができたのでした。また、力士会側も一枚岩ではなかったようで、千田川門下の5力士は力士会を離脱して師匠に協力したのです。

争議の初めから唯一参加していなかった横綱・宮城山は、千田川部屋の鉄ヶ濱(元は東京相撲の前頭稲葉嶽)を露払い、千葉ノ浦を太刀持ちとして横綱土俵入りを披露し、大いに本場所を盛り上げました。

労働争議の交渉は官憲・顔役連の仲裁なども入れ、力士会の要求を全面的に呑むところまで行った後、一時的に両者の関係が悪化するなどしながらも、どうにか妥協に漕ぎつけ、31日には盛大な手打ち式が挙行されたのです。

騒動解決後、力士会には千田川部屋力士への不満が燻り続け、堺市での謝恩興行の番付では、会を離脱した千田川部屋5力士を削除してしまいます。そして、これに憤慨した千田川親方は引退を表明し、その弟子たち20数名も断髪引退、協会役員も全員辞職するという事態となりました。

更に、協会側で争議の対応をしていた朝日山親方のところからも2力士が引退、連動するように多くの力士が引退して行きました。こうして5月の番付で東西に幕内35名いた力士は、6月14日の時点で幕内19名にまで激減してしまったのです。

その後6月に発表された番付は、東西の別は無く大関も不在、横綱・関脇・小結が各一人で、幕内総勢16名という、小規模な布陣となったのでした。

力士も労働者?退職金倍増要求で勃発した【三河島事件】

大相撲の力士も労働者ということなのか、東京相撲では力士の退職金倍増要求で、「三河島事件」という騒擾事件が勃発したことがあります。力士側は関脇・太刀光電右エ門(たちひかりでんえもん)らが代表となり、大日本相撲協会と対峙したのです。

大正12年(1923年)1月9日、力士生活の向上のため力士らが協会へ提言をする組織「力士会」が、力士養老金(退職金)の倍増を協会へと要求しました。大日本相撲協会としてはこの要求を却下するのですが、納得しない関脇以下の力士たちは、東京三河島の向上に立てこもって、その場所をボイコットしたのです。

11日、春場所開催に不安を募らせる幕下力士が、年寄・浅香山(元前頭八嶌山平八郎=やしまやまへいはちろう)と年寄・千賀ノ浦(元関脇綾川五郎次=あやがわごろうじ)に、”明日の相撲は本場所であるか花相撲であるか”と質問をしたと言います。

この時の年寄の答えは、”花相撲ではない。立派な本場所で諸君たちは大事な中堅力士である”というものでした。そのようなやり取りがあって、12日に協会側はボイコットに参加していない力士だけでの春場所開催を強行するのです。

この時の協会側の関取は、第26代横綱・大錦卯一郎(おおにしきういちろう)、第27代横綱・栃木山守也(とちぎやま もりや)以下、わずかに7名だけでした。関取の数が少なすぎるため、春場所は関取の取組は行わず、横綱と大関は土俵入りのみとし、関脇以下の関取は不出場としました。

つまり、観覧できる相撲は幕下以下の下位力士によるものだけであったため、結局は興行の行き詰まりを見るのでした。

どうにか興行を成り立たせたい協会側は、横綱・大関5名に最高位の行事「立行司」である木村庄之助(きむらしょうのすけ)・式守伊之助(しきもりいのすけ)の2名を加えた計7名で、立てこもる力士たちとの調停にあたらせます。

しかし、太刀光ら8名の力士代表たちの主張とは相いれず、調停は失敗してしまいます。その後、警視総監の赤池濃(あかいけあつし)が調停を担当し、警視総監に結論を一任するという形で、なんとか春場所の開催ができることとなりました。

18日の深夜に警視庁で手打ち式が行われたのですが、横綱大錦は騒動の鎮静化を見たうえで、力士の証である自分の髷を切って、廃業によって責任をとってしまうのでした。

この大錦という横綱は非常に真面目な性格の人物で、稽古熱心で”頭脳で取る”と言われるほど合理的な取り口の力士でした。葉巻を吸う喫煙者ではあったものの、酒・女などの遊びはせず、年寄の権威や情の入った相撲などに批判的な、曲がったことが嫌いを絵に描いたような人だったのです。

そのためか、三河島事件で責任を取って力士を辞めた後は角界には残らず、築地で「細川旅館」を経営し、早稲田大学政治経済学部へ入学、大学卒業後には報知新聞で相撲評論家をやったり、武道家中山博道の道場「有信館」へと入門し、剣道を学んだりしたのでした。

どうにか、大いに混乱した騒動も決着し、1週間の稽古日を設けた後、1月26日を「返り初日」として春場所は開催されました。なお、この場所の初日の横綱土俵入りは前代未聞の事態となり、横綱土俵入りの従者を同じ横綱の常ノ花と栃木山が務めるということになったのでした。

最終的な力士側の要求に対しては、3月6日に妥結し、退職金の増額分については、それまでの1場所10日の興行日を11日として、その1日の増収分をあてることとしました。

「力士は侍」として【武士道】を導入し”角聖”となった常陸山

第19代横綱・常陸山谷右エ門(ひたちやま たにえもん)は、武士の家に生まれたこともあって、”力士は侍である”という思いが強く、大相撲に「武士道」を導入して国技として存在に押し上げ、”角聖”と呼ばれるまでになりました。

明治7年(1874年)1月19日、現在の横綱稀勢の里・大関高安を擁して相撲強国である茨城県に、旧水戸藩士の市毛高成の長男として谷(後に谷右衛門)が生まれます。そして、小学生の時には子供相撲で西大関を務めたりしました。

谷が中学生の頃、河川運送業と倉庫業を経営していた父・高成が、荷主から預かった商品を騙し取られた責任でこれを弁償、会社は倒産してしまいました。そのため、谷は水戸中学校を中退し、東京にいる叔父・内藤高治(ないとうたかはる)を頼って上京するのです。

東京専門学校(後の早稲田大学)に入るべく、猛勉強をする谷は、北辰一刀流の剣豪としても知られた叔父から、剣道の指導も受けていました。そんなある時、谷は叔父の竹刀を打ち落とすこともあって、その怪力ぶりを発揮してもいたのです。

内藤が谷の怪力を試そうとして、亀戸天神の太鼓橋にあった20貫(75kg)ほどもある”力石”を担ぐように言うと、谷は簡単にそれを頭上高く持ち上げてしまいました。更に40貫(150kg)と58貫(217.5kg)ほどの力石は、肩に担ぎ上げたと言います。

明治23年(1890年)1月、後に初の相撲常設館”両国国技館(初代)”が建設されることになる回向院の本場所で、谷は野州山孝市(やしゅうざんこういち)の付けていた象牙彫刻が素晴らしい大煙草入れを見て、即座に相撲部屋への入門を決意しました。

谷の入門先は叔父からの紹介で、同郷の4代目出羽ノ海(後に常陸山虎吉)を頼って入間川部屋となります。初土俵は明治25年(1892年)6月場所、四股名は水戸の偉人・徳川光圀の隠居地の西山に因んで、「御西山」としました。

明治27年(1894年)1月、師匠となっていた出羽ノ海の現役時代の四股名「常陸山」に改名した御西山は、師匠の姪との交際が破談となったことから出羽ノ海部屋に居づらくなります。そんなおり、神戸巡業の際に立ち寄った居酒屋で、高砂部屋の三段目・鬼ヶ島に唆されて、東京相撲から脱走したのでした。

その後は、名古屋相撲・大坂相撲・広島相撲と渡り歩き、東京脱走の一因でもあった借金の精算ができたことから、明治30年(1897年)にようやく東京相撲へと戻ることが叶います。

この後常陸山は、明治32年(1899年)1月新入幕、2年後に関脇・大関と昇進を続け、明治36年(1903年)5月場所では、綱取りをかけた2代目梅ヶ谷藤太郎との全勝対決を制して、横綱免許を手に入れるのでした。

梅ヶ谷も後に横綱となり、「梅常陸時代」という相撲黄金時代を築いた常陸山は、現役時代から武家出身という身の上からか、”力士は侍である”という考えを持って、常にその品位向上に努めていました。

そのため、力士が御贔屓筋の酒杯を受けるために桟敷席を回ることを撤廃したり、相撲普及のために本場所を休んでまでアメリカへ渡り、第26代大統領セオドア・ルーズベルトの前で横綱土俵入りを披露するなどの活動をしているのです。

大正3年(1914年)6月場所をもって引退した常陸山は、相撲協会の取締役としても手腕を発揮し、力士の地位向上に多くの功績を上げ、大相撲に「武士道」を取り入れて、国技と呼ばれるまでにし、”角聖”の異名を与えられました。

巨漢の力士・雷電はあまりに強すぎて【禁じ手】を作られた!

巨漢の力士・雷電爲右エ門(らいでんためえもん)は、あまりに強すぎて「禁じ手」を作られたという逸話を残しています。それほど強いのに何故か横綱免許は与えられなかったのは、土俵上で対戦相手を殺してしまったからだという講談ネタがあるくらいです。

明和4年(1767年)1月、信濃国(現在の長野県・岐阜県の一部)で生まれた関太郎吉(後の雷電)は、幼少の頃から立派な体格をしていて、14~15才には6尺(182センチくらい)にも達していたと言います。

ある日の事、太郎吉は庭先で風呂桶に入っていた母を、突然の雷雨から守るために、風呂桶ごと母を担ぎ上げて土間に入れたと言います。そして、13才になった時には小諸の城下町に出稼ぎに行き、精米所での奉公をしたのですが、その仕事ぶりと怪力が評判になり、相撲修行の話が出たのでした。

またある時は、太郎吉が碓氷峠を荷馬を引いて通っていたところ、大名行列を行き違うことになりました。道幅は狭く、行くも戻るもできない状況で、やむなく太郎吉は自分が引いていた荷馬を担ぎ上げて、なんとか大名行列を通したのです。

天明元年(1781年)4月、太郎吉は上原道場に入門して相撲の稽古の他、読み書きそろばんを習い、長昌寺の監峰和尚の下で厳しい修業にも励みました。天明3年(1783年)になって未曾有の飢饉が発生すると、各地で行われていた相撲巡業も運営が難しくなっていました。

上原道場の上原家と親交の深い浦風部屋(昭和37年まで存在)では、行き詰った北陸巡業から道場へと転がり込んで、翌年の春まで力仕事の手伝いと慰安相撲の開催で糊口を凌いでいました。こうしたこともあって、太郎吉は関取衆から稽古をつけてもらうこととなり、天明4年(1784年)秋に力士となるため上京するのです。

太郎吉に力士になることを勧めた浦風親方でしたが、すぐには初土俵は踏ませず、徹底的に稽古でその素質を開花させることにするのです。そして、横綱二代目谷風の所属する伊勢ノ海部屋へと入門させ、谷風の内弟子としました。

やがて、寛政元年(1789年)大坂相撲7月場所で雷電として初土俵を踏み、翌年には江戸相撲へ移りその11月場所で関脇付出で幕内デビューを果たします。この場所の雷電の成績は優勝相当で、8日目の横綱小野川との対戦は大”物言い”となり、結局勝敗は”預り”となったのでした。

ちなみに”物言い”とは、大相撲においては土俵上の審判である行司の勝敗の判定に対して、土俵周りで見ている勝負審判・控え力士が異議を申し立てることです。そして”預り”というのは引分の一種で、物言いの付いた取組などに対して決着を付けず、行司又は勝負審判が”預かり置く”というものです。

雷電の生涯成績は254勝10敗2分14預5無41休で、勝敗分中の勝率で9割5分5厘という、最強力士の横綱二代目谷川を優に超えるものでした。敗れた数もわずかに10回と、谷川と小野川よりも少ないものなのです。

こんなに強い雷電ですから、講談話などで語られている有名な話に、あまりに強さに対して、突っ張り・張り手・閂(かんぬき)・鯖折りの4つの技が禁じられたというのがあります。閂は相手の両腕を外側から抑えるもので、鯖折りは強く抱きしめて上からのしかかるというものです。

雷電は八角政右エ門と言う力士と対戦した際、この閂を使い八角の腕をへし折ってしまったというすごい話も伝わっています。また、鯖折りという業に関しては現代においても危険技という考え方があり、小中学生などの相撲大会では禁止となることが多いのです。

雷電は、文政8年2月21日(1825年4月9日)に亡くなりました。

1 2 3 4 5