【横綱審議委員会】は横綱の格下げも議論された中で生れた!

「横綱審議委員会」誕生のきっかけは、3横綱が途中休場するという不甲斐ない状況に対して、横綱からの格下げも議論されたことにあります。それまで免許制だった横綱の地位を、より公正な形で決定しようという方針の中で生れたのです。

相撲の神様・野見宿禰(のみのすくね)を祖先に持つ九条家は、鎌倉時代から朝廷(天皇を君主とする官僚組織を持つ政府)主催の相撲節会(皇室行事)で、相撲司(すもうのつかさ)としてこれを取り仕切っていました。

一方、もう少し遡った奈良時代には力士で行司も務めた志賀清林(しがのせいりん)という、相撲技・礼法・禁じ手などの制定に関わった人物がいたのですが、その子孫が断絶した後、志賀家の故実・伝書を吉田家次が受け継ぎます。

吉田家は京都で皇室に繋がる二条家に奉公し、相撲節会で行事官を務め、相撲の宗家として代々「追風」を号するようになります。そして、吉田司家当主として13代目を引き継いだ吉田追風は、熊本藩主の細川氏に仕えて江戸で積極的な相撲興行を展開するようになりました。

寛政元年(1789年)11月、19世吉田追風は初めて「横綱」という力士最高位の称号を考案し、二代目谷風と小野川にその免許を授与します。これ以来、五条司家の相撲司としての権威は失墜していくこととなります。

文政6年(1823年)になって、五条司家では吉田司家に先駆け、柏戸利助(かしわどりすけ)と4代目玉垣額之助に横綱免許を授与するという逆襲に打って出るのですが、2力士共にこれを辞退してしまいます。

こんな五条司家の動きに危機感を抱いた吉田司家では、江戸幕府に働きかけて、文政10年(1827年)7月になって、「江戸相撲方取締」を拝命するに至り、相撲司家としての権威を固めていきました。

このようにして代々、相撲司家としての吉田司家からの免許授与による横綱への昇進という形式だったものが、抜群の品位と力量を要求される横綱の不甲斐ない様が露呈する段になって、疑義が持たれるようになっていきます。

それは、昭和25年(1950年)1月場所のことです。この場所は、東正横綱羽黒山(第36代)・西正横綱東富士(第40代)・東張出横綱照國(第38代)の3横綱がいたのですが、その3横綱全てが場所の途中から休場してしまいます。

東富士は、2日目に東前頭2枚目の神風に敗れ、翌日は対戦を組まれていた東前頭筆頭の出羽錦に不戦敗となり、4日目から6日目は休場、7日目から再出場するものの、6勝6敗3休で場所を終了します。

羽黒山は、4日目に東富士と同じく神風に敗れ、翌日はこれまた出羽錦に不戦敗となり、6日目から10日目は休場、11日目から千秋楽まで再出場するものの、6勝4敗4休と東富士同様の低レベルの成績で場所を終了してしまいます。

照國に至っては、2日目に東前頭3枚目の吉葉山に敗れ、翌日は西前頭2枚目の琴錦に勝ったものの、4日目から休場、4日目は東小結の羽嶋山に不戦敗となり、最終的には2勝2敗11休という惨憺たる成績で場所を終わったのでした。

こんな不甲斐ない横綱たちのことが問題となり、相撲協会は”2場所連続休場・負越しの場合は大関に転落”との決定を発表します。ところが、こんな横綱を生み出した協会が悪いとの世間からの反発が出て、横綱転落の決定は取り消しとなるのでした。

結局、横綱の権威を守るためにも、吉田司家による免許授与ではなく、相撲に造詣が深い有識者による横綱の推薦制へと改善しようと、「横綱審議委員会」を発足することになりました。初代委員長は元伯爵で貴族院議員の酒井忠正氏で、横綱転落議論の巻き起こった年の4月21日のことでした。

初の【優勝決定戦】4力士の争いはやはり横綱が強かった!

大相撲初の”優勝決定戦”は、4力士(横綱・2大関・前頭)の争いとなり、最終勝者は第36代横綱・羽黒山政司(はぐろやままさじ)で、やはり横綱が強かったという結果です。

現在の大相撲での優勝は、各段における成績最優秀者としていて、本場所の1日1番組まれる取組(本割)の成績が同じであれば、本割とは別に対戦が組まれ、最優秀者を決めています。これが、大相撲における優勝決定戦で、昭和22年(1947年)6月場所から実施されました。

それまでは同じ成績となった場合には、番付上位の力士を優勝としており、上位力士の優勝が当然で面白みに欠けたり、下位の力士が上位と当らないまま優勝してしまう可能性があるという問題も孕んでいました。

史上初めて行われた幕内の優勝決定戦は、まだ東西で団体優勝を争う「東西制」が行われていたこともあって、9勝1敗で4力士が並ぶと言う混戦となりました。その力士は、第36代横綱羽黒山・大関前田山(後の第39代横綱)・大関東富士(後の第40代横綱)・前頭8枚目力道山(後の人気プロレスラー)です。

4人の場合の優勝決定戦はトーナメント方式で行われ、東富士と力道山は1回戦で敗れてしまいます。最終決戦は横綱と大関の一騎打ちで、結局は番付どおり横綱羽黒山が勝利して優勝となるのですが、敗れた前田山のこの後横綱へと昇進を果たしました。

2度目の優勝決定戦は、昭和25年(1948年)10月場所に行われ、2度目の挑戦の大関東富士と関脇増位山(現在歌手の人とは別人)の2人で行われました。この時の結果は、番付下位の増位山が勝利し優勝、大いに優勝決定戦制度を成功させ、敗れた東富士もこの後横綱へと昇進するのでした。

3度目の優勝決定戦は、昭和26年(1949年)5月場所に行われ、本割では行われることの無い同部屋対決が初めて実現しました。結果は、大関に昇進していた増位山が番付どおり勝利し優勝し、敗れた番付下位の前頭17枚目羽島山(最高位関脇)は敢闘賞を受賞しました。

8度目の優勝決定戦は、昭和33年(1956年)3月場所に行われ、初めての3人による”巴戦”となりました。結果は、関脇朝汐(三代目朝潮太郎)が、大関若ノ花(後の第45代横綱若乃花)と前頭15枚目若羽黒(最高位大関)を下して優勝します。

50回目の優勝決定戦は、平成7年(1995年)11月場所に行われ、史上初の同部屋兄弟力士の対戦が実現しました。勝利したのは大関若乃花(後の第65代横綱)で、弟の第65代横綱貴乃花を負かして優勝しました。

52回目の優勝決定戦は大混戦となり、平成8年(1996年)11月場所に、5人の力士によって戦われました。優勝者は大関武蔵丸(後の第67代横綱)で、敗退したのは第64代横綱曙・大関若乃花(後の第65代横綱)・大関貴ノ浪・関脇魁皇(最高位大関)の4力士でした。

幕内の優勝決定戦は、平成29年(2017年)までに77回行なわれ、多くの大相撲ファンを楽しませています。

昭和の大横綱の一番手・双葉山の怒涛の【69連勝】

昭和の大横綱の一番手とも言える、第35大横綱・双葉山定次(ふたばやまさだじ)は、前頭から始まった怒涛の”69連勝”で、横綱まで上り詰めました。その間、5場所連続の優勝も果たす、快進撃でした。

明治45年(1912年)2月9日、大分県に後に”昭和の大横綱”となる、龝吉(あきよし)定次が生まれます。定次は父の経営する海運業での借金と、母や兄・妹を亡くすなどして、次男の身で一家の家計を支えるため、父の営む海運業を手伝っていました。

元々相撲にはあまり思い入れの無かった定次は、初めて出場した相撲大会で、相手を上から押さえつけて倒すという荒業が新聞紙上を賑わし、この記事を見た大分県警察部長の双川喜一(ふたがわきいち)の世話で、立浪部屋へと入門することとなります。

定次の初土俵は昭和2年(1927年)3月場所、四股名は”大成する人は幼少のときからすぐれている”というたとえである諺「栴檀(せんだん)は双葉より芳し」から、「双葉山」としました。

新弟子時代の双葉山は非常に稽古熱心で、同期の大八洲晃(おおやしまあきら)と朝稽古のための早起きを競って親方から苦情が出たり、兄弟子たちの”かわいがり”という厳しい猛稽古にも動じなかったのでした。

昭和6年(1931年)5月場所で新十両(西5枚目)へと関取への昇進を果たすものの、この場所は3勝8敗と初めて負け越し、翌年1月場所は東十両6枚目に陥落となったのです。ところが、場所前に「春秋園事件」が発生し、大量の力士脱退を受けて行われた2月場所で大抜擢で新入幕となり、西前頭4枚目へと繰上となるのでした。

入幕後の昇進は、その正攻法の取り口が上位にかなわないことから時間がかかります。しかし、船に乗っていた経験が生きて足腰は強く、いくら土俵際まで攻め込まれても逆転してしまうことから、「うっちゃり双葉」と皮肉られることもありました。

どうにか昭和10年(1935年)1月場所で小結に昇進するものの負け越して前頭筆頭へ陥落、蓄膿症の手術を機に体重が増えて取り口が変化し、”後の先を取る”とされる立会いとなりました。

昭和11年(1936年)1月場所6日目、前頭2枚目の双葉山は第32代横綱玉錦に”引き落とし”で負けましたが、翌日7日目には前頭4枚目の瓊ノ浦(たまのうら)に”うっちゃり”で勝利して、ここから未だに破られていない連勝記録に入って行きます。

この場所は玉錦が全勝優勝で、双葉山は9勝2敗でしたが、翌場所(昭和11年5月)は関脇に昇進して11戦全勝で初優勝、新大関となった昭和12年(1937年)1月場所は11銭全勝(優勝)で27連勝目、次の5月場所は13戦全勝(優勝)で横綱昇進を決め、大関を無敗で通過し、40連勝となります。

新横綱の昭和13年(1938年)1月場所で全勝優勝で53連勝とするのですが、この場所9日目の関脇両國との取組は双葉山の”勇み足”と物言いがつき、取り直しで決着すると言う大一番となっています。

続く5月場所の11日目の第33代横綱武蔵山との対戦に勝利し、それまでの二代目谷風(第4代横綱)の63連勝という150年間破られなかった記録を抜きます。そして、この場所も全勝で5場所連続優勝となるのです。

しかし、怒涛の連勝記録は、翌場所(昭和14年1月)4日目、前頭3枚目の安藝ノ海(後の第37代横綱)によって、”外掛け”によって69連勝で止まってしまうのでした。この場所、双葉山は9勝4敗と振るわず、続く5月場所も不調を心配されます。

ところが、初めて15日制で行われた5月場所でも全勝となり、加えて12日目で優勝を決めるという記録も残しているのです。

力士の地位向上と協会の体質改善を求めた争議【春秋園事件】

「春秋園事件」は、力士の地位向上と大日本相撲協会の体質改善を求めた、首謀者の名前を冠した「天竜・大ノ里事件」とも呼ばれる争議事件です。この時には、脱退によって幕内力士は40名から20名に、十両は全て幕下からの抜擢となりました。

昭和7年(1932年)1月6日、1月場所の番付が発表された翌日の事、東京は大井町にある中華料理店「春秋園」の食事会に、出羽海一門の関取並びに幕下力士1名が集められました。その席上、関脇・天竜三郎と大関・大ノ里萬助は、興行主の大日本相撲協会の改革について訴えたのです。

こうして、中華料理店への立てこもりと労使交渉が始まり、「春秋園事件」或いは「天竜・大ノ里事件」と呼ばれる力士と相撲協会の争議事件が展開されることとなりました。力士側からの要求事項は10項目にものぼり、協会側の春日野(元横綱栃木山)と藤島(元横綱常ノ花)の2年寄が対応にあたりました。

協会に対する要求の内容は、協会の会計制度確立と収支の明確化、興行時間の改正と夏場所の夜間興行化、入場料の値下げと相撲の大衆化、相撲茶屋の撤廃、年寄制度のざ漸次廃止、無駄な人員の整理という6項目です。

また、どちらかというと協会というよりも、力士のための改善という意味での要求内容は、退職金制度の確立、地方巡業制度の根本的改革、力士の収入増による生活の安定、力士協会制度の設立と共済制度の確立という4項目でした。

これらの要求の多くは、現在でも少なからず問題点としてあげられそうな内容に見えます。この事件に関しては、1月場所で小結から大関に昇進した武蔵山の件を恨んで、関脇・天竜が起こしたものとの見方もありますが、彼らは”私情を捨てて”立ち上がったと言っており、要求内容にも理解できるところが多々あるのです。

9日になって、複数回に及ぶ交渉の中で協会側が行った回答内容では決着を見ず、交渉は決裂、東西に20名ずついた幕内力士40名の内、西側力士全員が協会を脱退するという事態となりました。同時に、複数の幕下力士もこれに呼応してしまいます。

12日、協会は14日から始まるはずであった春(1月)場所の開催を無期延期とし、力士との交渉を続けようとします。そんな中、天竜に恨まれたとされる新大関・武蔵山が力士団から脱盟してしまいます。

その後も交渉は思うように進まず、右翼団体が調停に乗り出したり、16日には西前頭筆頭・出羽ヶ嶽文治郎(でわがたけぶんじろう)を除く協会脱退力士が髷を切り落とすなど、混迷の状況となっていきます。

25日には武蔵山が協会へと帰参するのに対し、翌26日には協会脱退の勧誘を受けた東方幕内力士の多くが、伊勢神宮を参拝するとの名目で名古屋へと向かい、協会脱退の方向性を示したのです。結果的に幕内力士で協会に残ったのは東方11名、西方武蔵山1名という少なさでした。

たった12名となってしまった幕内力士では本場所の開催は到底できるものではなく、1月場所番付での本場所開催は断念するに至ります。その解決策として、新たに2月場所開催のための番付を編成し、幕内は残留12・十両から3・幕下から5の20名、十両は全て幕下から昇進させた20名という体制を取りました。

この争議は結局、力士会の設立・退職金制度の確立で一応鎮静化し、後に会計制度の確立・相撲普及活動の充実・夜間興行の開催なども実現、相撲茶屋についてもずっと後になってから法人化され改善されました。但し、枡席券入手の難しさ・年寄制度・巡業制度については、今も改善を必要としている状態なのです。

1 2 3 4 5